カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

【JAXAグッズ】 強化型イプシロン(1/100スケール レジン製モデル)

2013年9月に試験機(1号機)が打ち上げられた、固形燃料ロケット「イプシロン」。
それから3年後、打ち上げ能力が約30%アップした強化型(2号機)が打ち上げられました。
本品は、その2016年に改良された「強化型イプシロン」の100分の1スケール模型です。
実際のロケットサイズは、H-II系のような大型ロケットの半分ほどですが、
本品は100分の1スケールのため、他の200分の1スケールのレジン模型と並べても
迫力や重厚感が見劣りしません!
専用の台座に飾るだけで、いつでも日本の宇宙開発を身近に感じることができます。

【JAXAグッズ】 強化型イプシロン(1/100スケール レジン製モデル)

価格:

6,480円 (税込)

[ポイント還元 324ポイント〜]
購入数:

イプシロンは「次期固体ロケット」の仮称で開発が進められました。
宇宙科学研究所が手がけてきた、探査機を打ち上げる固体ロケットの系譜では
比較的ポピュラー?な3段式ロケットです。
H-II系とは別のロケットを開発するにあたり、開発費用・打ち上げ費用の削減が必須だったため、
第1段はH-IIAロケットの固体ロケットブースタ(SRB)を改造流用する形で作られています。
また、イプシロンの頭部フェアリングは、打ち上げ後の海上回収が必要がなくなるよう
水没式の技術が使われています。他にも様々な工夫・新技術が導入されることで、イプシロンロケットは
従来の固体燃料ロケットでは難しかった「短期間で簡素な打ち上げ」を実現しています。

そのイプシロン、試験機を打ち上げた後にパワーアップを図り、
より大きな探査機を打ち上げられるようになりました。
本品のモデルは、このパワーアップ後の「強化型イプシロン」にあたり、
細かくは「強化型基本形態」と呼ばれる、今後のイプシロンロケットのベースモデルです。
JAXAでは、基本形態に「PBS(ポストブーストステージ:液体エンジンです)」を4段目に加えた
「強化型オプション形態」も開発中らしいので、興味がある方は調べてみてください!

シンプルなフォルムが未来っぽい、イプシロンロケット。
カラーも白基調なので、お部屋のインテリアとしても申し分なし!ぜひ飾ってみてください。

【JAXA COSMODE認証マーク使用商品】
本商品は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の商品化許諾品です。

[商品サイズ(1/100スケール)]
イプシロンロケット:全長258mm×ロケット直径26mmΦ/最大幅33mm
 ※上記は組立完成品のおおまかなサイズです。
台座サイズ:直径85mmΦ×厚み10mm
外箱サイズ:タテ330mm×ヨコ110mm×厚み110mm

[商品素材]
ポリレジン(ロケット、台座)

【ご注文前にお読みください】
レジン製品は固いですが、落としたりすると割れてしまいます。
また、重量がありますので、お取り扱いにはご注意ください。

ページトップへ