カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

【宇宙グッズ】手作り天体望遠鏡

本品は、紙の筒で作られた天体望遠鏡の組み立てキットです。
説明書を見ながら組み立てるだけで、あっという間に天体望遠鏡のできあがり!
簡単な工作物なのに、最大30倍の倍率で星空や月などの天体を眺めることができます。

しかも、紙なのでペンや絵の具で着色可能!シールだって貼れちゃいますので、
おうちで手軽に、自分だけのオリジナル天体望遠鏡を作ることができます。
アルミホイルを貼って、金属っぽく仕上げることもできるようです!

毎年、お正月や夏休みの時期に見られる流星群の放射点を探したり、天の川や星雲の観測、
そして身近な天体である月の観察や、2018年7月末から来年の年明けまで地球に火星が近づく
火星大接近の観測には、自信を持って本品をお勧めいたします!

また、作りながら天体望遠鏡の仕組みを学ぶこともできるため、天体観測を始めたいけど
ハードルが高くて手を出せないという方にもお勧めです!

【宇宙グッズ】手作り天体望遠鏡

価格:

2,278円 (税込)

[ポイント還元 113ポイント〜]
購入数:


流星、つまり流れ星とは、地球の大気に
宇宙のチリなどがぶつかってプラズマ化したものです。性質は雷やオーロラに少し近いでしょうか。
流星群とは、流星が一箇所から放射状に表れるものです。
毎年同じ時期に出現する流星群もあり、8月の13日に見頃となる『ペルセウス座流星群』は
夏休みシーズンでもあることから、観測しやすい流星群として有名です。
流星は動くので肉眼の方がよさそうですが、スタート地点となる星座を探してみるのに
天体望遠鏡は役に立つと思います。
また、夏は天の川の光が強いため、比較的観測しやすくなっています。

2018年の夏の宇宙は、これだけではありません!
7月末から来年の年明けまで、2018年は火星がとても近づく「火星大接近」なのだそうです。
これは、2003年の「スーパーマーズ」以来15年ぶりのことで、2018年の方がその時よりも
さらに地球に近づきます!
少なくとも8月いっぱいは同じような明るさで輝いて見えるため、晴れた日には
南の夜空にオレンジ色に輝く火星が見えると思います。
これを天体望遠鏡で見ると、表面の模様や極冠(北極の氷)が見えるかも?
本品は30倍の拡大率を持っているので、ぜひじっくりと観察してみてください!

他にも、9月半ばには「中秋の名月」に月の表面を観察してみたり、冬には
アンドロメダ銀河やオリオン大星雲を観察するのに、本品を活用いただけると思います。
せっかくですから天体望遠鏡でいろんな星を見て、星座に、天体に、そして宇宙に
たくさんの疑問や興味を持っていただけたら嬉しいです。

    【ご注文前にお読みください】
  • 視覚を損ねますので、絶対に本品のレンズ越しに太陽を見ないでください。
    また、火災が生じますので、レンズで日光を集めないでください。
    [商品詳細]
  • 完成サイズ:全長392mm×高さ350mm(水平時)
    ※台座付き、本体水平での計測値
  • 台座サイズ:全長160mm×幅118mm
  • レンズ径:38mmφ
  • 接眼レンズ倍率:30倍
  • 工作用ボンド付き

ページトップへ